ミクロンの誤差も見逃さない最先端技術をもつ会社

株式会社トーセーシステムズは昭和60年10月に創立された東京都八王子市に住所をもつ会社で、東証一部上場企業の株式会社東京精密が100%株主となっている会社です。
トーセーシステムズは東京精密(ACCRETECH)のグループ企業としてソフトウェア開発などを行っています。トーセーシステムズの代表取締役社長は川村浩一氏です。

トーセーシステムズは半導体製造装置や精密計測機器メーカーでもあります。東京精密が差異化製品・市場創造型製品を次々市場投入し、世界的なメーカーとして成長するなかで、
トーセーシステムズもACCRETECHグループの半導体製造装置や精密計測機器の制御ソフトウェアに関する事業などを通してともに成長してきました。
そして、製品関連のソフトウェア開発の加速化や品質向上・効率化などの追求を行いながら、蓄積してきた新製品開発などの最先端ソフトウェア技術やノウハウ、
開発力などを活かしながら会社として着実に成長している企業がトーセ―システムズです。

トーセ―システムズは、今や生活に不可欠となった携帯電話やパソコン、家電製品などのエレクトロニクス機器に用いられている半導体の製造装置や品質維持のための
精密計測機器類に搭載されているソフトウェアを開発しています。機器の動作をコントロールするため組込んだり制御したりするためのソフト開発を通して、
私たちの生活の利便性の向上などに貢献しています。

最先端技術をクローズアップしていくと、そこにはトーセ―システムズのテクノロジーがあり、トーセ―システムズでは測る技術をベースにして、高精度なソフトウェア開発を実現しているのです。

トーセ―システムズの原点は1ミクロン以下の誤差をも見逃さないほどのたいへん高度な計測技術になります。数ミクロンの違いが製品の完成度に大きな影響を
及ぼすといわれている半導体製造装置の制御ソフト開発にあって、トーセ―システムズの測る技術は不可欠といえます。そんな技術があってこそのエレクトロニクス機器の性能向上の実現といえます。

エレクトロニクス機器の性能が高度化すればするほど、半導体の性能向上も不可欠となり、より高度なものが求められるようになるのです。
トーセ―システムズは世界ナンバーワンの製品開発を推進しているといわれている東京精密のソフト開発の中核として、そのような課題に日々挑戦し、
最先端技術をより高度化していくためのより高度なソフトウェア技術やノウハウなどを提供し続けているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL